ローヤルゼリーの豆知識

ローヤルゼリーとリポタンパク質

様々な栄養成分、健康効果を持つ健康食品ローヤルゼリー、今回はそのローヤルゼリーとリポタンパク質との関係を紹介させていただきます。

まず、リポタンパク質とは体の代謝にかかわる物質です。
リポタンパク質が体内でどういう働きをするかというと、まずは体内の脂質を分解して、肝臓へと運びます。

そして、分解した脂質を、肝臓へ運んだ後は、その脂質をコレステロールと合成し、血液へと分泌させるという働きをもっています。

そして、余分なコレステロールを肝臓へ戻すという働きもあり、人間の体には欠かせない成分となっています。

しかし、このリポタンパク質には、注意すべき点があります。

リポタンパク質が過剰に分泌してしまうと、コレステロールが上がってしまいます。
コレステロールは、本来は人間の体に必要な脂質なのですが、増えすぎてしまうことで、動脈硬化の原因となってしまうのです。

また、リポタンパク質があまりに過剰に分泌されてしまうと、高コレステロール血症という病気を引き起こす危険性があり、高コレステロール血症を発症してしまうと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高めてしまいます。

つまり、リポタンパク質とは体に必要な物質なのですが、増えすぎてしまうと病気のリスクを生んでしまうという性質をもっています。

そのため、常に適正量を保つため、コントロールしておかなくてはいけない物質なのです。

酵素分解されたローヤルゼリーは、このリポタンパク質を抑制し、過剰に分泌することを防ぐ働きを持っていることが、実験により証明されています。

つまり、ローヤルゼリーを摂取することで、リポタンパク質の過剰分泌を抑制し、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞のリスクを低減し、同時に、脂肪の上昇を防ぐことで、肥満防止にも働きかけてくれるのです。

もちろん、日々の食事や生活習慣によっても、リポタンパク質の過剰分泌をコントロール、抑制することは可能ですが、ローヤルゼリーを摂取することにより、さらにその効果を高めてくれることでしょう。

なにより、ローヤルゼリーは簡単に摂取することができるので、健康習慣としては非常にオススメできる方法となっています。

美容や健康の基礎だけでなく、脂質やリポタンパク質をコントロールすることで、様々な病気のリスクも低減してくれるローヤルゼリー。

あなたの健康習慣に、とりいれてみては、いかがでしょう。

ページのトップへ戻る